アシックスウェイトリフティングシューズTOW727カスタムオーダーについて

 

かねてよりアシックスウェイトリフティングシューズのカスタムオーダーを取り扱って参りました。

しかし2019年5月末をもってアシックスより取り扱い中止を命じられました。


具体的な理由は教えてもらってません。

 

当社はアシックスに対しいろいろ申し出をいたしましたが2020年1月時点では良い回答をもらっていません。

 

アシックスとしては作らない事はないです。
ただ作る対象者が代表クラスと言う事です。

もしくはアシックスが競技者と直接対応して判断するとのことです。

アシックスの一般窓口から問い合わせると機関を通して問い合わせてくれと言う回答も得ています。

 

機関とは?
学校のことを機関とは言いません。
ウェイトリフティング協会ではと思い
ウェイトリフティング協会から問い合わせていただきましたがやはり同じ回答です。

悪い言い回しですが代表以外の人は作らないと言うことになります。

代表とは誰なのかと言う事ですがオリンピック代表かと思われます。

残念でなりません。

 

定番のシューズは23センチから28センチまでです。

この以外の人たちにはどう対応したらいいのかと尋ねると、ほぼノーコメントで回答はくれません。

同じくかかとの高さを変えたい人はどうしたらいいかとたずねてもノーコメントで回答はくれません。

 

何とかアシックスを動かす良い方法はないかと毎日考えている次第です。

 

1部の競技者様からはウェイトリフティングは靴で上げる競技とも聞いています。
靴によって成績のアップダウンがあるそうです。
Nikeアディダスリーボックなどもありますが国内では正規販売をしておらず並行輸入に頼っている次第です。

つまり供給が不安定だと言うことです
これではウエートリフティングの普及になりません。

 

現状のアシックスの対応を考えると定番以外のサイズの競技者については自社の靴を履かなくて良い他社の靴でやってくれと言う解釈もできます。

 

アシックスを動かすにはウェイトリフティング協会を含め全国のウェイトリフティング競技者様の協力が必要かと思います。

 

アシックスウェイトリフティングシューズの一般競技者への普及を望む方のご協力をおまちしています。

その為には当社サイト「オーダーシューズ.JPN.COM」にユーザー登録をいただいた上で情報やご意見・ご要望を取りまとめ、方針をきめてゆきたいと考えています。
購入希望者として傍聴されるのはかまいませんが一人一人の人脈やご要望や・ご意見が大切かと思います。

皆様の人脈で三宅選手や三宅会長のようなトップ競技者、協会トップにもご賛同いただきご協力いただければと考えています。

 

<やりたいこと>
ウェイトリフティング協会の理解を得る。
代表クラスの競技者の理解を得る。
アシックスに対してウェイトリフティング協会参加競技者の要望書・嘆願書提出。

 

現状、購入希望者様に対してのお願いは
アシックスに直接問い合わせていただいて
断られても断られても悔い下がらないように頑張っていただくしかないかなと思います。
その一人ひとりの気持ちがアシックスを動かすかもしれません。
皆様のアシックスの靴に対する熱い思いを直接届けていただければと思います。

 

もし、対応してもらえた方が入れば情報をいただけると幸いです。

 

進展がありましたら随時こちらからご報告いたします。

 

https://www.order-shoes.jpn.com
株式会社スポーツドリカム
〒706-0226 岡山県玉野市東七区332
TEL:0863-53-9777
携帯:070-5054-9898
FAX:0863-53-9799
営業:10:00~17:00(日祝:休日)
Mail:sports@drecome.jp
LINE:@fzx8697h